賃貸住宅を内見する時のポイント

マンションやアパートを借りる時、内見でチェックしておきたい最低限のポイントをご紹介します。
物件についたら、まずは共用部に修繕すべき個所が放置されたままになっていないか、ゴミなどが散らかっていないかを確認します。
共用部分がきちんと管理されていなかったり、住民の持ち物が出しっぱなしになっている所は騒音などの住民トラブルも起こりやすい傾向にあるので要注意です。

部屋に入ったら、部屋の広さや間取りだけでなく、収納なども実際に開けて確認します。
押し入れの隅にカビが生えているような所は湿気が多い可能性があります。
また窓を開けて眺望や日当たりも確認しましょう。
隣の家との距離や道路からの騒音、お墓などの自分にとって好ましくない景色がないかもチェックします。

引っ越し先が遠方で何度も来られない場合は、エアコンや照明の有無も確認しておきます。
特に照明やカーテンは引っ越し後すぐに必要になるため、事前に揃えられるよう必要な数をメモしながら内見するのがお勧めです。